不透明な管理  エクレール|不動産の賃貸管理はハウステーションプロパティマネジメントまで

オーナー様の声

Home > オーナー様の声

以前は不透明な管理でした・・・。

西東京市在住 (物件 西東京市 鉄筋コンクリート造 3階建て)

70代 女性

趣味:旅行

【全てが事後報告の不透明な管理】

物件:西東京市 鉄筋コンクリート造 4階建て3LDK ファミリータイプ

西東京市在住   60代 女性

趣味 : 写真、旅行

新築から大手建設系の管理会社へ管理を依頼していました。

しかし、5年前に主人が亡くなって以来、管理が不透明になっていきました。

管理内容も変更され、修理やリフォーム等も全て事後報告になっており、知らないリフォームの請求書が突然届いたり、酷い時には知らない間に、家賃が周りと比べても何万円も安価で契約をしており、その事を指摘したところその担当者が「もう契約しているので今さら、遅いです」と言われたこともあります。

 

【空室がいつも長期になってしまう】

管理業務が不透明なことに加え、2部屋の空室が1年以上空いているという事もあり管理に対しての悩みや、不安が日に日に膨らんできていたところ、他の物件の件でハウステーションさんより連絡があり相談をしたのがきっかけです。

 

当社より・・・                                                                            【最初のご相談が4時間にも及ぶお話】 

最初のご相談の際は、4時間以上もの時間を使ってのご相談でしたね。笑

現状の管理業務に加えて、空室損益のお話から、少し脱線して、お孫さんのお話や40年前のお話まで・・・。           尽きることのないお話に正直、悩みがあるようには感じられなかったです・・・。笑                                       

                        

 

【管理変更決め手】

その後、ハウステーションさんの、管理方法や募集方法などを聞いている中で管理を任せようと思った決め手が、オーナーや建物によって置かれている状況が全て異なるという観点から、決まった管理プランは無く、個々のオーナー、建物に合った管理プランをご提案されました。

今まで、不透明だった管理から、希望する管理プランの提案を受けたのが、管理変更の決め手でした。

募集のほうは、以前の募集方法と全く異なる募集方法で、長期空室になる事もなく、管理変更後は、ほぼ満室にて稼働しております。