地元に強いが決め手です!(レジデンスコトブキ)|不動産の賃貸管理はハウステーションプロパティマネジメントまで

オーナー様の声

Home > オーナー様の声

大規模改修したは良いものの・・・。

千葉県八街市 (物件:西東京市 重量鉄骨造 2階建て)

40代 男性

趣味:読書

【古くなってきましたが・・・!】

築年数は40年を過ぎているが、室内は新品ピカピカ!それが第一印象の建物でした。

新築当初から地元の不動産会社さん一筋にお任せされていた物件も気付けば築年数も経ち、親御さんから相続された時から空室が3部屋ありました。

長年お付き合いの不動産会社さんの提案で3部屋まとめてフルリノベーションしたは良いものの、以降も一向に空室のままでした。

【初顔合わせ】

初めににお話をお伺いした時のオーナーは本当に空室に困っている様子。理由は、都内にお住まいではないので目が行き届かないこと。フルリノベーション費用に多額を要したこと。

空室が1年以上も決まらないこと。この3点でした。せっかくキレイにしたお部屋も入居者が居なければ何の意味もなく、もったいない。どうにかできませんか?というオーナーのご相談からお話は始まりました。

【募集方法は・・・?】

原因を探ってみると、空室の原因は募集方法でした。

オーナーが頼まれていた不動産会社さんは地元に在るのみ。現在主流のインターネットサイトへの広告も少なく、エンドユーザーが自社ホームページに辿り着かなければ建物が見つからない状態でした。

そこで当社のご提案。地域密着で強い募集力が売りである当社の募集方法を細かく丁寧にお伝えしました。

募集方法の差とは?

【長期空室の為】

1番の差は、オーナーと同じ考え、目線、立場に立って募集を行うこと。

空室にお困りのオーナーに、まずは満室にするために必要な細かい事項をお伝えさせていただきました。

1年以上の空室のため、簡易クリーニングを行う。当社直営の仲介支店全店にてインターネット広告を掲載し、最優先募集物件として取り扱う。最寄駅や近隣の他社仲介協力会社にも募集依頼をする。共用部の清掃や見た目を改善。

できることを100%でやりました。

築40年を過ぎても・・・?

オーナーのご理解もあって、できることをきちんと行った結果、1年以上も空いていた空室は約1ヵ月で全て埋まりました。また、それ以降はは既存の入居者も退去することなく、満室運営が継続しています。
地域密着を掲げている当社では、地元の賃貸物件はもとより、街の暮らし方から雰囲気、病院や学校の場所、学区、抜け道や近道、街の穴場スポットからおいしいお食事処まで社員全員が徹底して調べ上げ、熟知しております。

だからこそ管理物件やその街のオススメ方法が分かり、最優先募集としての意識があるのでお部屋が決まるのです。

今では『すっかり気持ちが落ち着いたよ!』というオーナー。今後もできること100%の業務をオーナーと同じ考え・気持ちで行って参りますので宜しくお願いいたします。

遠方にお住いの兼業大家さんにはご安心していただけることが1番です。